任意整理 個人整理 違い

MENU

任意整理と個人整理の違いとは?

最近個人整理と呼ばれる法的整理の方法が利用されることが増えています。

 

法律用語では個人再生といわれる方法で、業績が悪化した会社が債務カットをしてもらい再生を図る「民事再生」と言われる手段を個人向けに法律化したシステムです。法律化したシステムのため、法的整理と呼ばれ債務整理に当たっては、裁判所が介入します。
これに対し、任意整理は読んで字のごとく「任意」で債務整理をする方法で、多くの場合弁護士などの法律家と金融機関が話し合いをして「和解」することで債務整理が完了します。
任意整理の場合、元本だけ3年から4年間かけて返済して、利息は全額カットという決着になることが多いです。
債務整理において、個人再生の方法が選択されることが多くなった理由は、住宅ローンなどを特別扱いできる「住宅ローン特別条項」の存在があります。法的整理は、元本部分のカットもしますから効果的ですが、債務の選択は許されません。つまり、住宅ローンがあれば住宅ローンも債務整理の対象となるため住宅はなくなってしまうのです。
しかし、住宅ローン特別条項の存在により、住宅ローンだけは債務カットの対象から外すことが可能です。つまり、住宅は手元に残したまま債務整理ができるのです。以前は無理やり任意整理の方法で対処していたため、返済に窮して新しい借金を闇金などからして問題が大きくなるケースが少なからずありました。
ただし、個人整理もいいことばかりではありません。手続が長引くことが多いため、費用が掛かります。ケースにより異なるので一概に言えませんが、場合によっては60万円以上の費用が掛かります。自己破産が50万円程度と言われていることと比べると、高いといえるでしょう。
これは、個人再生の方法は裁判所が介入するとはいえ、元本カットが必要となるため簡単に金融機関が納得しないためです。また、裁判所が仲介者を選任することもあるため費用が増加します。

 

更に、個人再生は法的整理の方法であるため官報にも載ります。官報に載っても誰も見ないからいいじゃないかと思われているようですが、実際はネットで過去の官報が検索できるシステムになっています。
また、債務整理部分だけをデータベース化している信販会社があるとの噂もあります。
任意整理は、利息のカットと債務繰延だけなので効果が少ないといわれていますが、このようなデメリットはありません。将来のある若い方は、個人再生を簡単に選択せず任意整理を検討したほうが賢明です。
借金減額交渉についてはコチラ

関連ページ

任意整理するとどのくらい借金は減るの?
任意整理でどのくらい借金が減るのか解説したページです。
任意整理後に車のローンや住宅ローンは組めるの?
任意整理後に車のローンや住宅ローンについて詳しく記載したページです。
家族や職場にばれずに任意整理は出来る?
家族や職場にばれずに任意整理をしたいけどそれは可能なのか教えるページです。
任意整理後の生活はどう変わる?
任意整理後の生活の実態について述べたページです。