個人再生 自己破産 どちらがいい

MENU

個人再生と自己破産のどちらがいいの?

任意整理で済むような借金であれば、債務整理とはいえあまり悩むことはないのですが、元本返済することができないほどの借金の額になってしまうと、もっと根本的な対策が必要です。

 

この際、法的整理と呼ばれる個人再生や自己破産の方法によることになりますが、両者ともに債務元本の切り捨てを伴うため、手続は面倒です。
特に、個人再生の方法をとる人のほとんどは「住宅ローンについての特則」を利用するため、債務整理自体にかかる時間も費用もかなり多くなります。

 

これに対し、自己破産は弁護士費用が比較的安価に済み、手続自体定型的なのでその気になれば弁護士に依頼せず、自分ですることも可能です。

 

個人再生と自己破産では、圧倒的に自己破産の件数が多いのですが、それはこのような手続面での差があるためです。

 

しかし自己破産を選択してしまうと必要最低限の資産だけ残して、自分の財産はすべてなくなります。アパートに住んで古い車を持っているだけという人であれば別ですが、そうでなければ安易に自己破産を選択することは危険だともいえます。
これに対し、個人再生の方法は、住宅ローンだけ残して大幅な債務カットをしてくれますから、3年間の債務返済を終えれば、名実ともに自分を再生させることになります。
住宅ローンの返済は残りますが、それまで毎月返済していた金額より大幅に返済額は減るため、家計も随分と楽になるはずです。それに住宅は手元に残るため「路頭に迷う」ことはありません。

 

自己破産は案外制約があります

自己破産は、債務のすべてを切り捨ててもらえますが、その債務の発生原因にギャンブルなどの遊興費などが含まれていると却下される可能性があります。
実際には弁護士などがうまく覆い隠してくれますし、キャッシングなどの場合は使途が不明なので却下されることは、ほとんどありません。しかし、フリーパスというわけではないのです。

 

また、自己破産をすると一定期間であっても会社の役員になることができなくなりますし、弁護士などの国家資格を持った仕事や警備業などの仕事ができなくなります。
自己破産の手続が終わればこのような制限はなくなりますが、一時的であっても不便を強いられます。

 

これに対し、個人再生はこれらの制約はありません。
しかし、自己破産が最高でも50万円程度で済み、法テラスなどの制度を使えば20万円程度で済むのに対し、個人再生は60万円以上の費用がかかりますし、時間もかかります。
特に財産がなく「取られるものはない」というのであれば、自己破産をお勧めしますが、そうでなければ個人再生との比較が必要でしょう。将来のことも考える必要がありますから弁護士に相談することをお勧めします。
⇒借金減額交渉をするならコチラ

関連ページ

個人再生とは?
個人再生というのは何?疑問に答えます。
個人再生の手続きはどうやるの?
個人再生の手続きに関して記述したページです。
個人再生のメリットは何?
個人再生のメリットには何があるのか解説します。
個人再生のデメリットは何?
個人再生のデメリットをしっかり把握しておきましょう。
個人再生が認可されない場合があるの?
個人再生が認可されない場合とは?その時の対処方も教えます。